金沢競馬 格付けの仕組み

◆開催場(フルゲート) / 金沢(12)
◆年齢 / 2歳以上
◆外国産馬 / 外国での出走経歴のない馬


格付け区分
 2歳馬競走 1組、2組、…に組分けする。
 3歳馬競走 A、Bの階級とし、それぞれ1組、2組、…に組分けする。
 一般馬競走 A、B1、B2、C1、C2の階級とし、それぞれ1組、2組、…に組分けする。
番組賞金の算出
 平成26年(西暦2014年)4月1日から当該開催の出走馬編成発表の前日までの1着から5着までの本賞金の合計額とする。ただし、下記の(ア)以降の項目に該当する場合は、その額を控除した後の額とする。
各減額項目に1,000円未満の端数を生じたときは端数を切り上げた額を減額する。
算出の結果1,000円未満の端数が生じたときはその端数を切り捨てる。
(ア) 金沢競馬及び、他競馬場(中央競馬会含む)において実施されたGⅠ・Ⅱ・Ⅲ、JpnⅠ・Ⅱ・Ⅲ競走(以下「G競走」)で収得した賞金額の80%を減額する。
(イ) 中央競馬会において実施された競走(「G競走」を含む)で収得した賞金額の80%を減額する。
(ウ) 他競馬場において実施されたJRA認定競走で収得した賞金額の60%を減額する。
(エ) 南関東地区において実施された競走で収得した賞金額の70%を減額する。ただし、「G競走」については(ア)を、JRA認定競走については(ウ)をそれぞれ適用する。
(オ) 兵庫県競馬組合において実施された競走で収得した賞金額の40%を減額する。ただし、「G競走」については(ア)を、JRA認定競走については(ウ)を、下記(カ)及び(キ)の対象馬についてはそれぞれの項目を適用する。
(カ) 実績馬及び、主催者認定馬は、本年度金沢競馬初申込時に、金沢競馬場在籍馬として出走し収得した賞金額のうち、下記(ケ)に該当するものを控除した残りの賞金額の60%を減額する。
(キ) 冬期他場転厩主催者認定馬及び、冬期他場転厩馬が、金沢競馬在籍馬として出走し収得した賞金額のうち、下記(ケ)に該当するものを控除した残りの賞金額の60%を減額する。
(ク) 実績馬、主催者認定馬、冬期他場転厩主催者認定馬及び、冬期他場転厩馬が、2歳時に金沢競馬在籍馬として出走(他競馬場において実施された交流競走を除く)し収得した賞金額のうち、下記(コ)、(サ)及び、(ス)に該当するものを控除した残りの賞金額の10%を減額する。
ただし、実績馬及び、冬期他場転厩馬については、平成26年度においても、実績馬、冬期他場転厩馬の各要件を満たす場合のみ減額の対象とする。
(ケ) 冬期金沢競馬非開催期間における減額については、次の各号による。
a 実績馬及び、主催者認定馬
平成26年度及び、平成27年度の各々通算第20回最終日の翌日から通算第21回第1日の前日までの期間に収得した賞金額の全額
b 冬期他場転厩馬及び、冬期他場転厩主催者認定馬
平成26年度及び、平成27年度の各々通算第20回最終日の翌日から通算第21回編成の前日までの期間に収得した賞金額の全額
c 平成26年度冬期金沢競馬非開催期間の収得賞金の減額の取扱い
上記a、bに関わらず、実績馬及び、冬期他場転厩馬については、平成26年度においても、実績馬、冬期他場転厩馬の各要件を満たす場合のみ減額の対象とする。
(コ) 金沢競馬において実施したJRA認定競走で収得した賞金額の60%を減額する。
(サ)金沢競馬において実施した2歳馬準重賞競走で収得した賞金額の50%を減額する。
(シ) 金沢競馬において実施した重賞競走(交流重賞競走を含む。)で収得した賞金額の40%を減額する。ただし、白山大賞典競走については(ア)を、2・3歳馬限定重賞競走については(ス)を各々適用する。
(ス) 金沢競馬において実施した2・3歳馬限定重賞競走(交流重賞競走を含む。)で収得した賞金額の60%を減額する。
(セ) 金沢競馬場在籍馬が、他地方競馬場において実施された交流重賞競走(2・3歳馬限定競走を除く。)で収得した賞金額の40%を減額する。
ただし、「G競走」については(ア)を、南関東地区において実施された競走については(エ)を各々適用する。
(ソ) 金沢競馬場在籍馬が、他地方競馬場において実施された2・3歳馬限定交流重賞競走で収得した賞金額の60%を減額する。ただし、「G競走」については(ア)を、JRA認定競走については(ウ)、南関東地区において実施された競走については(エ)を各々適用する。
(タ) 金沢競馬場在籍馬が、中央競馬会において実施された交流競走(「G競走」を含む)で収得した賞金額の80%を減額する。
転入馬及び再転入馬に対する加算額について
(ア)総収得賞金が5,000万円以上の馬で、上記アにより算出した番組賞金が140万円を超えた場合は、その額を番組賞金とし、140万円以下の場合は70万円を加算する。ただし、加算後の番組賞金が140万円を超えた場合は番組賞金を140万円とする。
(イ) 総収得賞金が1,000万円以上5,000万円未満の馬で、上記アにより算出した番組賞金が70万円を超えた場合は、その額を番組賞金とし、70万円以下の場合は35万円を加算する。ただし、加算後の番組賞金が70万円を超えた場合は番組賞金を70万円とする。
7歳以上馬に対する減額について
 7歳以上の馬については、上記ア及び、イにより算出した番組賞金額の30%を減額する。
2歳馬及び3歳馬が一般馬競走に編入される場合の減額について
(ア) 2歳馬が一般馬競走に編入される場合、編入時には上記ア及びイにより算出した番組賞金額(一般馬競走で収得した賞金額を除く)の80%を減額する。ただし、この減額措置は2歳馬限定競走に出走する場合の番組賞金の算出には適用しない。
(イ) 3歳馬が一般馬競走に編入される場合、編入時には上記ア及び、イにより算出した番組賞金額(一般馬競走で収得した賞金額を除く。)の60%を減額する。なお、この減額措置は3歳馬限定競走に出走する場合の番組賞金の算出には適用しない。

編成方法
2歳馬競走
(ア) 競走の実施は、原則通算第5回からとする。
(イ) 編成する頭数が7頭に満たない競走は、編成しない。
(ウ) 番組賞金の上位の馬より編成し、番組賞金が同額の場合は、生年月日の早い馬、牡・セン、牝の順とする。
(工) 番組賞金が450万円を超えた馬は、一般馬競走に編入する。
ただし、一般馬競走に編入後であっても、希望投票等により2歳馬限定の重賞及び、準重賞競走に出走できるものとする。
(オ) JRA認定競走を別途要領により実施する。
(力) 2歳新馬競走を別途要領により実施する。
3歳馬競走
(ア) 通算第1回から通算第13回及び、通算第21回の開催に編成する。
(イ) 番組賞金の上位の馬より編成し、番組賞金が同額の場合は、生年月日の早い馬、牡・セン、牝の順とする。
(ウ) 番組賞金が150万円を超えた馬は、通算第7回から第13回の開催において一般馬競走に編入する。
ただし、一般馬競走に編入後であっても、希望投票等により3歳馬限定の重賞、準重賞及びJRA条件交流競走に出走することができる。
一般馬競走
(ア) 一般馬競走の編成は番組賞金順に編成する。
(イ) 2歳以上の馬とする。
(ウ) 番組賞金の上位から編成し、番組賞金が同額の場合は、生年月日の早い馬、牡・セン、牝の順とする。
重賞及び、準重賞競走は、別表「平成28年度重賞・準重賞競走実施計画表」による。
1開催2回編成競走を、別途要領により実施する。


月別開催日程はこちら 
楽天競馬
Odds Park
SPAT4
ジョッキーブログ
ハッピーくん通信
地方競馬ナイン
リンク集
広告主さま募集